中学3年生


年間スケジュール

標準での目安としてください。進学校を受けるハイレベルは、 2年生の終わりに、これらの半分を 大体は終了しているスピードである、とお考え下さい。

英語 数学
4月

 現在完了形と

時制の復習  

展開・因数分解の発展

5月 接続詞の発展   平方根・二次方程式
6月

準動詞の発展

二次方程式 

7月

関係代名詞   

二乗に比例する関数

8月

関係代名詞

分詞・形容詞節

二乗に比例する関数

発展問題

9月

間接疑問文

相似と証明
10月

文法復習

三平方の定理 平面

11月

文法復習と

入試問題

三平方の定理 発展

12月

私立入試問題

私立入試問題

1月

公立入試問題

推薦対策

私立入試問題

2月

公立入試問題

公立入試問題

 


1年後の自分は高校生…

今、中学3年生になった人が、このページを読んでいるのでしょう。 すると、1年後には高校1年生です。しかし、中学3年生の3学期(つまり今が4月や5月なら、来年の3月のこと)が終わると、 入試や卒業式や高校の入学式などで「激動の1年の始まり」なんです。 ものすごく速いです。 あっと言う間に、1年が過ぎます。


勉強に慣れていない人は、高校1年生の中途で「沈没」「撃沈」「リタイア」すること、 間違いなしです。 そうならないために、中学3年生のこれからを大切にしてください。


実力テストが難しい。英語は早めに関係代名詞などを知ること

英語も関係代名詞や分詞の形容詞的用法、形容詞節などが終了すれば、 とりあえず、英文を読むことはできるので、早め、できれば夏休みには取り掛かることが大切です。でも基礎ができていない人は、基礎からになります。相当がんばらないと、大変ですよ。

 
ある程度できたら、入試問題に挑戦してもよいでしょう。女の子が男子高の問題を解いても、その逆でも良いのです。もちろん入試問題がそんなに簡単に解けるわけがありません。とにかく1日か2日過ぎたときに、 もう一度解答してみることが大切です。これが実力テスト対策になります。このように余裕を持って学習し始めるためには、 早めに手をつけることが、1年生や2年生の時より、もっと大切です。


国語を勉強すること

ここらあたりから「どうも私には国語力がないなあ」と思える人が、 逆にこれから伸びる人です。積極的に国語の問題にも 挑戦するべきです。国語は日本語で書いてあるから、どこから始めても良いのです。 進学校を受験する人は、古文も解かなくてはいけません。


でも高校入試の問題は、自分には難しいという人には、 当塾では中学入試の問題から始めることもあります。「こんな問題を、小学校6年生が 解いているのか」と中学3年生の人がびっくりするぐらい、結構イケテますよ、進学校の問題は。 嬉しいのは古文がないことと、漢字が少し易しいことです。


ネットワークを張り巡らそう。新聞も読もう

最近は「基本的知識がないのが原因で国語がわからない人」が増えました。 私が年を取って、ぐちっぽくなったのかもしれませんが 学力というのは「知っていないとできないこと」と 「知っていても特に影響がないこと」が、 ないまぜになって形成されていることに気がつきましょう。


ただし新聞やインターネットサイトを、あまり頭から信用していいものではありません。うのみはやめて、いろいろな角度からの意見を調べることが大切です。