中学2年生


年間スケジュール

多少能力によって変更しますが、普通は以下のペースで進みます。

英語 数学
4月

 過去形

過去進行形

単項式・多項式

5月 未来形 連立方程式の計算
6月

 不定詞

連立方程式 応用

7月

助動詞   

一次関数(その1)

8月

動名詞

一次関数(その2)

9月

接続詞(その1)

一次関数(その3)
10月

比較構文(その1)  

 一次関数(その3)

11月

比較構文(その2)
受動態

多角形

合同(三角形)

12月

接続詞(その2) 

合同(四角形)

1月

接続詞(その3)
まとめ  

 合同(総合)

2月

テスト対策

確率

テスト対策 

3月

復習

現在完了形  

展開と因数分解

平方根の予習

 


1年後の自分は…今の自分は…

今、中学2年生になった人が、このページを読んでいるのでしょう。
すると、1年後には中学3年生です。先輩たちは、どんなことを勉強するのでしょう。 ちょっとワープして中学3年生のスケジュール紹介 を読んでみてください。
その上で以下を読んでくださいね。


復習を自分から計画をたてて必ず実行しよう

中学2年生は、中学1年生のことが前提になって始まります。 だから1年の学習を「はずしてしまった人」は1年生の復習を必ずしつつ、進むことになりますが、 「はずしていないと思っている人」は、 復習しなくてもいいわけではありません。


なぜなら人間は「忘れ去ることができる生物」だからです。 実際忘れることができるから生きていられるようなもので、 便利な習性ですが、こと勉強に関しては良くない。 適宜、復習計画をおりまぜて進むことになります。


苦手な分野を全部つぶすために、正しく覚えよう!

英語もやはり細かいことはまず置いておき、 重要部分だけの反復学習になります。 単語力がないから、という人は毎日単語を書くこと。 教科書の単語だけで構いません。 こちらでも用意しています。


英語は、1年生と同じく、教科書に沿って、学習します。 文法事項は 当塾でまとめたテキスト をベースに、基礎から発展へと導きます。 1年生よりは、知らないといけないことが増えています。教科書内で出る英文も、とにかく、覚えないといけないのです。 自分で考えろ、いう先生もいるでしょうが、 少し偽善的です。知っていないとできないものは、できません。


数学は、学校の問題集を最優先

数学も、やはり学校の傍用問題集との取り組みでしょう。 1年生の時より、一層丁寧な学習が要求されます。 ほぼ毎日「見る」ことが要求されます。この傍用問題集には解答集が付いているので、 たいていの人は、解答の仕方がわからないときは、 そのまま「人間コピー機」になって写してしまうのですが、 これはいけません。わからないときは解答集を「よく見てよく読んで 」かまいませんが、その時点では、解答を写してはいけません。1日か2日過ぎたときに、もう一度解答してみること、 これが約束です。


もちろん何回やっても、どうしても 分からない問題は、写しても構いません。 つまり写すのは最後の手段、としましょう。このように余裕を持って学習し始めるためには、 早めに手をつけることが、1年生の時より、もっと大切です。


夏休み前に成績が落ちた人は危険です

2年生まで来ると、「できる人」と「できない人」の差は 埋めるのが難しくなって来ています。 特に夏休み前に成績が落ちた人は、相当がんばらないといけません。 というのは、中学2年生は、夏休みに部活で「自分たちが主役」だからです。
部活ばっかりして、勉強は3の次(2番目は遊びか昼寝?)にならないようにしましょう。 もしそうなってしまった人は、後で自分で責任を取ることになってしまいます、 諦めるのは、未来を担う若者らしくはないし、 失敗を取り返すのも自分です。